3311 J  
  3021 J  
  3022 J  
* * *  デジタルもぐら ラインナップ  * * *
【 デジタルもぐら 仕様書/ブロック図/設置方法 】
自治体・大規模事業所
詳細は、コチラから
デジタルもぐら 仕様書・ブロック図 ダウンロード
ER-2871
型番 ER-2871-J
スピーカ外部出力 モノラル 0.6 W / 8 Ω
※「ER-2871」の基本的仕様は、 「ER-3021 」 と同じです。
  システムへの組込み用途としての製品です。
※ACアダプタ・専用ロッドアンテナ・壁面取付マウント いずれも無し。
※価格はお問合せ下さい。
設置方法:
デジタルもぐらは、壁面に設置して下さい。
付属している壁面取付マウントを木ねじで壁面に固定しますが、木ねじが利用できない場合には、付属の両面テープを
用いて固定します。
(注:剥れ落ちる場合があるので取り付ける場所に十分注意して下さい)

壁面取付マウントを固定したら、デジタルもぐら裏側の壁掛け用溝に取付マウントの爪を差し込み、下にずらし固定します。
(壁面取付マウントにはズレ落ち防止ゴムがあるので、デジタルもぐらを壁面取付マウントに差込む時は、押し込む様にして
固定して下さい)

仕様詳細  ER-3021-J   ER-3021  デジタルもぐら 総発売元

お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
緊急地震速報
デジタルもぐらは、ジェイコーポレーションの登録商標です
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 一般向け緊急地震速報
お問合せ窓口
緊急地震速報 「デジタルもぐら」 のお問合せは、
J コーポレーション

デジタルもぐら 仕様  情報料 無料  FM電波 ラジオ放送

緊急地震速報
品名 デジタルもぐら
品番 DM-ER3021J  放送設備連動版
受信周波数 FM 76.0MHz〜90.0MHz
電源電圧 100V   ACアダプタ付属 (30mA/9V)
消費電力 待機時 1.5W以下  動作時 5W
寸法 176(W) x 87(D) x 27(H) mm
重量 約 200 g
スピーカー外部出力 モノラル 0dBm/600Ω 不平衡 (微調整可能)
内臓スピーカー 最大1W
検出可能信号 緊急地震速報によるチャイム音,緊急警報放送(1種/2種),緊急警報放送の試験放送
自動起動時間 約1分、3分、連続(手動停止) ディップスイッチにて選択
接点出力 2ch  無電圧接点出力      最大印加電圧 30V  最大電流500mA
 (適応線材:より線AWG20〜18 単線 AWG26〜16)
制御出力 1ch  オープンドレインで出力  最大印加電圧 24V  最大電流200mA
 (適応線材:より線AWG20〜18 単線 AWG26〜16)
付属品 専用ロッドアンテナ  壁面取付マウント
デジタルもぐら 外部出力に関して
型番 ER-3021
スピーカ外部出力 モノラル 0.6 W / 8 Ω
ER-3021
※「ER-3021」の基本的仕様は、スピーカ出力を除き 「ER-3021-J 放送設備連動版 」 と同じですが、
  「ER-3021」は直接放送設備に接続することは出来ません。
※スピーカーを複数個 接続する場合は 「ER-3021-J 放送設備連動版 」 を利用しアンプ内臓スピーカー
  などを利用してお使い下さい。
注意事項:
 スピーカーにつてい:
  デジタルもぐらの内蔵スピーカーはモニタリング(受信感度確認程度)の出力しかございません。
     →  オプションの外部スピーカーをご利用下さい。
 試験放送について:
  試験放送(テスト配信)を、本体から行なうことは出来ません。
     →  オプションの「試験放送用FMトランスミッター」をご利用下さい。(接点出力の確認も出来ます)
デジタルもぐら 外部出力に関して
デジタルもぐら 仕様書・ブロック図 ダウンロード
最高峰 高機能・拡張性
スタンダード 壁掛型
詳細は、コチラから
詳細は、コチラから